長野市 ホームページ作成 2週間使い捨て 2週間使い捨て 2週間使い捨て
長野市 ホームページ作成

長野市 ホームページ作成

私たちのホームページ制作(作成)に対するサービスと考え方

INFP(インターネットエフピー)が考えるホームページ作成(制作)のサービスとは、クライアントの立場になった調査に基づく情報提供を行うことです。
情報を提供するホームページで集客アップ。
ホームページは、検索結果の上位に表示されなければ効果は半減します。検索結果の上位表示を実現いたします。
月1度、担当者と相談を交え、次のマーケティングやターゲット層についてのワンランクアップミーティングを行います(保守契約をして頂いた場合)。
利用者の操作性を考慮したデザイン。
ホームページの修正・更新が、クライアント側からもできる用に、一般的なソフトに対応して制作する事も可能です。

クライアント様とお客様を笑顔で繋げるホームページ

 私たちは、企業が提供するホームページの情報は、お客様への一方向な情報発信であってはいけないと考えています。インターネットを通じて、企業のお客様の声や時代の声をホームページに反映させ、常に進化し続けるホームページが大切だと考えています。

 ●ホームページは、企業とお客様の声を繋ぐものであるべきだと考えています。
 ●情報を求めているユーザーに企業のアピールポイントを伝えるホームページであることが大切。
 ●連想させ、ニーズ喚起を起こさせるホームページであること。
 ●情報発信型ホームページから情報提供型ホームページである事。
 ●ユーザーの気持ちを反映、求められる企画情報の提供が重要。

INFPのサービスは、企業と顧客の信頼関係を構築します

 ●クライアントの業種の抱える問題点をクライアントの視線で考える
 ●企業の顧客からの視点をあらゆる場面から考える
 ●企業と顧客のコミュニケーション方法を考える
 ●時間的経過で効果を把握し、次の展開や問題点を考える
 ●ホームページが陳腐化しない方法を提案し続ける
 ●インターネット全般の外部支援課として行動する
 ●企業と顧客の立場で考える
  私たち、INFPは、こんなサービスと考え方でホームページを制作しています。

利用者の操作性を考えたホームページ作成

インターネット技術は、日々進化し今後も益々便利になっていくことでしょう。
しかし、いかにインターネット技術が進化し、ネットの情報が氾濫してもインターネットを使う人は、「一般人」であり、技術者ではありません。INFPは最新技術だからといってむやみに取り入れることはありません。
ホームページを見る人は、一般人です。技術追及したが故に、操作性のわからないものになっているホームページを見かけますが、主人公である企業と顧客のコミュニケーションを図る簡単操作が重要だと考えています。

クライアントのホームページ制作担当者を考慮
ドリームウィーバーなどプロが使うソフトで編集したホームページは、一般的なホームページ作成ソフトであるホームページビルダーなどでは、修正ができません。
そこで、クライアントの担当者に特別な知識が無くても編集や更新が出来るように一般的なソフトであるホームページビルダーで編集できるホームページに仕上げます。
 ●担当者に特別な知識が無くても編集・更新が可能となります。
 ●担当者が引き継ぎしても3時間程度の講習で修正・更新が出来るようにいたします。

長野市 ホームページ作成